半月板損傷の原因と症状

膝の関節の内側と外側に1つずつある三日月型の軟骨組織が半月板です。

半月板の役割は、膝関節にかかる衝撃を吸収し分散させることと、膝を安定させることで、膝の健康を保つために無くてはならない組織なのです。

しかし、運動中に急激な動きや無理な体勢をとって膝をひねったり、伸ばしたり、強く打ち付けてしまったりすると、半月板に吸収しきれないほどの負荷がかかり、欠けたり断裂したりしていまいます。

これが、半月板損傷とよばれる外傷です。

運動後、膝の痛みが続いているだけではなく、膝に力が入らなかったり、曲げ伸ばしができなかったりするような場合は、半月板損傷が発症している可能性があります。

膝の曲げ伸ばしができない状態は、ロッキング現象と呼ばれ、半月板が傷ついて裂け、関節にはさまることで起こります。

激痛を伴い歩行困難になる場合もありますから、ロッキング現象が1度でも起こったら、医師への相談が不可欠です。

関連サイト・・》半月板損傷サポーター